日頃の工夫で車を守りましょう。

車のへこみでよくご依頼をいただくのが「フロントバンパー」です。

 

フロントバンパーは車体や車に乗っている人、もしも車に歩行者が衝突した際には歩行者や衝突物を守る役割があるため、柔軟性のある比較的柔らかい素材が使われています。

 

そのため、どんなに工夫してもフロントバンパーのへこみを100%防ぐことは残念ながらできません。

 

しかし工夫次第である程度は予防することが可能です。

 

まず飛び石などでへこむことを防ぐために、少し車間距離を多めにとって走行することをおすすめします。

 

また、デパートやショッピングセンターなどの駐車場に車を長時間停車するようなときには、監視カメラの近く、もしくは人が多く店員さんの目がある入り口付近に停めるようにしてください。

これだけでいたずらされる可能性はグッと低くなります。

 

また、ご自宅であっても誰でも触れる駐車場によ て車を保管している場合は、ボディカバーを被せてあげましょう。

 

こうしたほんの少しの工夫で、車のへこみやきずがついてしまうリスクが低くなりますので、ぜひ気をつけるようにしてください。

 

それでもへこみや傷がついてしまった場合には、千葉県白井市のGARAGE461までお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

フロントバンパーはへこみやすい

Garage461-ガレージシロイ-は、千葉県白井市にございます板金修理工場です。

お車の板金塗装・修理でしたら当店にお任せ下さい。

どんなお車でもキズ・ヘコミを美しく修理いたします。

 

へこみの修理でよくご依頼をいただくのがフロントバンパーです。

 

フロントバンパーには、車体に何かが衝突してしまったときに衝撃をやわらげることで、車の中にいるドライバーや同乗者、そして車体を守る役目があります。

 

さらに、車と衝突してしまった物やぶつかってしまった歩行者をも保護するという大切な役割があります。

 

そのため、フロントバンパーにはポリプロピレンなどの衝撃を吸収しやすい素材が使われています。

 

衝撃を吸収しやすい素材は、もちろん衝突物や車体、人間を守ってくれる役割がある一方で、あまり硬くなく、柔軟性があり、わざと凹むように作られています。

 

フロントバンパーのへこみは、その安全性上やむを得ないというわけです。

フロントバンパーのへこみでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

車のカスタムはどこから始める?

 

千葉県白井市の板金修理工場、Garage461-ガレージシロイ-では、車・バイクのキズやへこみ修理、だけでなくカスタムやコーティングなどのサービスも行なっております。

 

今回は、車のカスタムをしてみたいけどどこから始めたらいいのかわからない…という方向けに、初めてカスタマイズするならどこから始めれば良いのかをご紹介したいと思います。

 

車のカスタムは大きく分けて、

・外観のカスタム

・内装(車内)のカスタム

に分けることができます。

 

まず、車のカスタムをする目的はどのようなものでしょうか?

 

主に挙げられるカスタム目的としては

・もっと速く走れる車にしたい

・乗り心地を良くしたい、乗りやすくしたい

・他の車よりも目立つようにかっこよくしたい

などです。

 

その中でも、カスタムビギナーにおすすめな簡単に達成できるものが「かっこよくしたい」という目標です。

 

一番かっこよく見た目が変わるカスタムは外装のカスタムですので、まずは外装から始めることをおすすめします。

 

車のカスタムをご希望の方はぜひGarage461-ガレージシロイ-にご相談ください。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

GARAGE461の車・バイク雑学 6

愛車のキズやへこみを格安なのに高クオリティな技術で修復できるのは、千葉県白井市の板金修理工場GARAGE461。

車検や整備、カスタムペイントなどもお任せ下さい。

そんな板金修理工場GARAGE461から車やバイクにまつわる雑学をお届けします。

車の名前の由来

各自動車メーカーは新しい車を発表する際に、そのネーミングには並々ならぬ思いを乗せることでしょう。
各メーカーの車の名前の由来をみてみましょう。

【クラウン】
クラウンは、英語で王冠の意味です。
ちなみにマジェスタは英語のMajesty(尊厳・威厳)から、アスリートは英語で競技者、エイトはトヨタ初のV8エンジンを搭載したことに由来します。

【シルフィ】
シルフィは、水・火・土・風の四精霊のうちの風の精霊であるシルフ(シルフィ)から取られました。

【インサイト】
インサイトは、英語の洞察力・識見を意味するInsightからそのまま付けられました。
ハイブリッドが普及する新しい時代を洞察するという意味があります。

【フォレスター】
フォレスターは、英語で森に住む人・動物・森を育む人という意味のForesterからきています。
自然との調和・自然を愛する時代の車という意味があります。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

GARAGE461の車・バイク雑学 5

板金修理工場GARAGE461はあなたの愛車のキズやへこみを格安なのに高クオリティな技術で修復します。

千葉県白井市の工場でお待ちしております。

そんな板金修理工場GARAGE461から車やバイクにまつわる雑学をお届けします。

バイクと単車

年配の方など未だに「単車」という言葉をよく使います。

なぜ、オートバイ(バイク)のことを単車と呼ぶのでしょうか?

最初のバイクは単気筒エンジンだったから?
バイクは単独(一人)で乗るから?
その答えは意外なものでした。

実は、バイクの開発当初は、全てのバイクにサイドカーが付いていて、バイクとサイドカーのセットで1台の乗り物と考えられていました。

その影響で、サイドカーを外して走るようになった時に、人々はサイドカーなしを強調する為に「単独の車両」略して「単車」と呼んだのです。

1923年(大正12年)に「月刊オートバイ」(モーターマガジン社)と言う雑誌が販売開始され、この頃から「単車」と言う単語は使われ始めていたことになります。

現在から95年も前に「単車」と言う言葉が存在したのですが、現在でも「単車」とよぶ人は、習慣や雰囲気でつかっているのでしょう。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら